子供の防犯に料金をかける理由を解説

子供の防犯のために、定額料金でできる対策について紹介していきます。これから子供が一人で通学したり、習い事などに通ったりする場合などで防犯対策がしたいという方は参考にしてみてください。防犯対策というと、防犯ブザーや防犯ホイッスルなどを思い浮かべる方が多いと思われますが、この記事ではGPSの機能を使った防犯対策について紹介していきます。防犯ブザーや防犯ホイッスルにプラスして別の対策もしたいとお考えの方は、ぜひ活用してみてください。GPSがあれば、防犯だけでなく子供が道に迷ってしまった時でも活用することが可能です。どこにいるかがわかっているだけでも、保護者の方の安心感は違うと思われます。好奇心旺盛な子供たちのお供としてGPSの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

子供の防犯に定額料金のGPSサービスを利用する方法

子供にGPSを携帯させるには、定額料金の防犯サービスなどを活用してみると良いでしょう。GPSの機械を定額料金で契約できるサービスを利用することで、子供に携帯させることが可能です。またキッズケータイを携帯させたり、機能制限がかけられるスマートフォンなどを携帯させたりする事で位置情報を取得することもできます。どのサービスを利用するかによって、機能や料金に違いが出てきますので家族でよく話し合って導入を検討すると良いでしょう。とくに小さなお子供ですと、有害なサイトにアクセスしてしまう危険性もあるので、機能制限を十分にかけるか、GPSのみの機械を携帯させるなどの対策が必要となってくるでしょう。子供との普段のコミュニケーションの中で、機械の使い方や携帯する意味をしっかりと伝えることも大切です。

定額料金の携帯やスマートフォンで子供の防犯対策をするには

子供の防犯対策として定額料金制の携帯電話やスマートフォンを携帯させるという方法があります。GPSのみの機械と違うのは、通話やメールまたはインターネット検索が可能になる点です。子供本人ができることが増えるため、ある程度大きくなった子供に向いている方法といえます。とくにスマートフォンを持たせるとなると、有害なサイトや課金ゲームのやりすぎなどのトラブルが発生する危険性もあるため、事前に機能制限を十分にかけることが重要となります。またSNSなどで知らない人と関わる可能性も少なくありません。携帯やスマートフォンを持たせる際は、こう言った危険性についても子供本人とよく話し合うようにしておくことが重要です。機能制限のやり方については、携帯を購入するときにショップの店員さんや公式サイトまたはヘルプサポートセンターなどに問い合わせてみると良いでしょう。

当社の見守りサービスは、JR東日本とセントラル警備保障の共同事業となります。 子どもが「Suica」または「PASMO」でJR東日本の駅自動改札機を通過すると、保護者にメールでお知らせが届くようになっております。 ホームページでは、サービスの情報だけでなく、子どもへの声のかけ方など、子育てに関わる情報も配信してます。 当社のサービスは今後はさらに、首都圏へ順次拡大を増やしていっております。 子供の防犯対策にまもレールの料金が気になるなら!