子供の防犯サービスの内容と料金を紹介します

今の世の中、親世代が育った時代とはガラリと変わってしまいました。安心・安全の前提は崩れ、私たち大人の意識を変えなくてはならない時代になりました。小さな子供を持つ親は、防犯に積極的に取り組まなくてはなりません。また、共働きも増えているので、放課後、子供がひとりで活動をしなくてはならないご家庭も多いことでしょう。「無事に家に着いているか?」、「いいつけをきちんと守って遊んでいるか?」、「塾には行けたか?」等、心配しながら仕事をしていることでしょう。しかし、耳にするのは登下校中や放課後の時間帯に起こった子供が危険な目に合ったニュースばかりです。声かけ、わいせつ、連れ去り等といった不安と隣り合わせで毎日を過ごしています。たとえそれが、料金がかかる方法であっても、親は研究して子供を守らなくてはなりません。

子供の防犯のために料金をかけて見守る時代

防犯ブザーは当たり前に持っています。学校でも不審者対応訓練をしています。やはり、下校時や帰宅後にひとりで活動する時間が一番心配というご家庭が多いのではないでしょうか?通学路に人目に付きにくい場所があり、不審者情報がよくあるエリア、見通しが悪くて連れ込まれやすい場所がある、車に連れ込まれやすい脇道も心配です。それがたとえ自宅周辺であっても安心できないことを私たちはニュースでよく分かっています。マンションのエレベーターでさえも子供には防犯の意識を教えなければなりません。しかしやはり最後、子供を守るのは各ご家庭です。さらに一歩踏み込んで、子供を危険から守る防犯手段をとるのであれば、その選択肢のひとつとして、毎月定額料金で子供を見守る防犯サービスに加入するのがいいでしょう。

子供の防犯サービスの種類と料金の比較

子供に見守り用の端末を持たせるなら、各社で違うので比べましょう。自分の求めるレベルか、学校に持ち込めるかといった判断で選びます。居場所を検索できるGPS、端末と連絡が取れるキッズ携帯、何かあった時に警備会社のスタッフが駆け付けるサービスが付加できるもの等見守りのレベルも様々です。子供の行動エリアを登録しておけば、エリア外に出た時にメールで知らせてくれて、防犯ブザーと連動してメールが配信されるサービスもあります。入学前に学校に持ち込める端末かルールを確認しておきましょう。学校には通話やメール機能のないGPSのみの端末を、帰宅後は塾用にキッズ携帯をと、2台持ちも必要かも知れません。位置検索を行う回数で月々の料金が決まっている会社もあります。入学後すぐは検索回数が増えます。年齢や行動範囲、お母さまの心配度合いで選んでいきましょう。