セカンドオピニオンの税理士を見積もりで比較

依頼する時の料金や専門分野が気になる

税理士に依頼する時には、お金を支払う必要はあります。例えば確定申告に関して依頼する時には、代行費用を支払わなければなりません。そうかと思えば、顧問費用もあります。費用がかかる以上、料金を気にしている方も少なくありません。自社で使える予算にも限界がありますし、出費を抑えたいというニーズを抱えている方も多いです。セカンドオピニオンも同様です。正確性を重視して、セカンドオピニオンを検討している方も多いですが、依頼費用はかかります。また専門知識を気にしている方も多いです。そもそも税理士にも、色々な専門分野があります。事業継承や確定申告などの分野がありますが、どの分野に詳しい専門家であるかを見極めたいと思っている方も多いです。

事務所に連絡してから見積書発行までの流れ

ところで専門家に対して依頼する時は、まず見積もりを出してもらう事もできます。その流れですが、まずは税務事務所に連絡します。WEBや電話などで連絡して、状況ヒアリングを行ってもらう事になります。税金に関して、具体的にどのような悩みを抱えているかを、事務所の担当者に伝える訳です。そしてヒアリングした内容に応じて、事務所から見積書を発行してもらう事ができます。見積もり書には、色々な項目が明記されています。上記でも少々触れた費用に関して明記されていますし、専門性や代行の内容なども書かれている訳です。ちなみに見積書を発行してもらう分には、費用はかかりません。どの事務所で発行してもらう時も、原則無料になります。たとえ複数の事務所から発行してもらった時でも、無料になる訳です。ちなみに、見積書を発行した後にお断りする事もできます。見積書の発行を依頼したからと言って、正式契約になる訳ではありません。契約するかどうかは、本人が選ぶ事ができます。

複数の事務所の見積書を比べてみる

ところでセカンドオピニオンを検討している方は、優秀な税理士を見つけたいというニーズを抱えている事も多いです。優秀な専門家を見つけたいなら、比較してみる方法もあります。複数名の専門家の話を聞いてみて、比較検討してみる訳です。その際に、上記でも触れた見積もりを活用してみる訳です。複数の事務所から見積書を発行してもらい、比較検討してみるやり方もあります。発行してもらう分には費用もかかりませんし、前向きに検討してみる価値はあります。実際、見積書を細かく比較してみると、優秀な専門家を見つけられる事も少なくありません。

記事を共有する