セカンドオピニオンで他の税理士に相談をする方法

他の税理士に意見を求めたい方もいる

企業が事業を進める中で、税理士に相談したいことがたくさんありますが、長い付き合いで信頼関係が厚い場合もあれば、だんだんと対応が変わっていることに不安を感じる方もいます。話をしていても、知りたい情報を詳しいところまで教えてくれないなど、対応に不満を感じることのないように、セカンドオピニオンに注目することも大切です。セカンドオピニオンは、お医者さんに関することだけではなく、そのほかの専門家への相談をするときにも注目することは重要になります。経費で落ちるかどうかを確認するときに、当たり前のことしか教えてくれない人よりも、いろいろ調べてくれる人のほうが頼もしさがあります。他の専門家の意見を聞くことによって、今まで知らなかったことへの対策をしっかりと進めていくことができるようになる点にも注目です。先生が税務署の言いなりとなってしまうと、知りたいことがあっても、柔軟性がなく、不満に感じてしまう方もいるため、他の先生に相談をしてみることで、視野が広がります。

使い分けを考えていくことも大切なポイント

セカンドオピニオンは、顧問税理士との関係に影響を与えないように、いろんな選択肢を作っていくことができるメリットもあります。経営コンサルタントのサポートもできる専門知識を持った先生も見つけることで、アドバイスをもらい、今後の経営に役立てていけます。税務は今まで通りお願いして、経営コンサルタントなど、得意分野の先生を見つけて、相談をしていくこともでき、上手に使い分けていくこともできます。得意分野がそれぞれ違っていることにも注目することによって、新しい発見をすることもできることに注目です。あまり得意ではない分野のことを任せると、税金面で不利な内容になってしまう恐れがあるため、会社を守るためにも、専門知識があり、実績もある先生にお願いすることも大切です。

若手経営者と信頼関係を築くための相手選び

父親の会社をこどもが継ぐ場合、顧問の先生も付いている中で、昔からの付き合いがあり、なかなか関係の見直しを進めていくことができずに悩む方もいます。若手経営者の中には、新しい関係もしっかりと築いていき、効率よい業務や得意分野がある先生にお願いしたいなど、見直しを進めていきたい方も多いです。時間をかけて、他の先生にも注目して、信頼関係をしっかりと築いていくことにより、今後のことを考えて、柔軟な対応ができるようになります。

記事を共有する