需要が急上昇しているセカンドオピニオン税理士とは

需要が増えているのはなぜかを知る

皆様の会社や組織では、セカンドオピニオン税理士を利用していますでしょうか。すでに存在する顧問税理士以外の第二の意見を聞けるというこのサービスは、外からの視点冷静に自分たちの組織の税についての事を見てくれるのが最大の特徴です。これまで気づいていなかった無駄に気づかされて節税が出来た等、活用例も多数あります。そうした成功例が増えている事もあり、今では様々な企業や組織がこぞってこのサービスを導入しています。その様に需要が増えてくると、今までこのサービスを提供していなかった事務所も次々と参入したり、中にはこれ専門の事務所もあります。数が増えてくると、他との差別化を図るために独自のサービス等、各事務所さらに質を高めようとするという、好循環になっていきます。

今では様々なジャンルの相談に対応出来る所も

そうした需要の高まりは、様々な専門分野の相談に応じる事務所の増加という流れも生み出しています。その代表的な部門が医療部門で、相談に応じる事務所も増加傾向にあります。近年の少子高齢化等による法制度等の変化により、医療の現場に関してもこれまでより経営という意識を身に付けなくてはならないようになりました。そんな際に医療に関する税の事に詳しい事務所に第二の意見を求める事により、さらなる効率化を進めて節税とより高いレベルの医療を提供する医院も増加しています。さらに近年では、地域医療の疲弊という事に対応するため等の独立開業の流れも加速しており、開業の際や経営が軌道に乗るまでの間の指南をしてくれる所も少なくないようです。

今後の傾向はどうなっていくと予測されるのか

そんな需要の高まりを見せるセカンドオピニオン税理士ですが、今後の見込みはどうなっていくと考えられているのでしょうか。結論から言うと、こうした流れはこれからも続くと考えられています。そう考えられる要因の一つとしては、法人だけでなく個人もセカンドオピニオン税理士を利用する流れになっているという要因があります。例えば、不動産投資の際に知り合いから紹介された事務所に相談に行っているが、どうも自分にはしっくりこないという場合に利用している場合が挙げられます。自分としては事務所を変えたいが、知り合いの面子を保つために中々そうもいかないという場合があります。そうした時に不動産投資に強い事務所に第二の意見を聞きに行き、穏便に最良の選択肢を見つけられるといった具合です。さらに今後相続税等の相談も多くなっていく事が考えられている事実も、こうした流れが続いていくであろうという予測を補完する状況となっています。

記事を共有する