セカンドオピニオンの税理士に依頼するメリット

二者が数字を確認してくれるメリット

多くの方々は、税理士に相談しています。税金に詳しい専門家に相談できれば、手続きも色々スムーズになるからです。税金に関する手続きの代行を依頼している方も少なくありません。ところで人によっては、セカンドオピニオンを検討しています。例えば現在はAさんという専門家と契約していても、改めてBさんと契約する選択肢もある訳です。その理由の1つは、二重確認です。そもそもAさんは、必ずしも正確な数字を算出しているとは限りません。専門知識などの都合上、数字が不正確な可能性もあります。万が一申告書の数字が不正確ですと、トラブルになる可能性もありますから、注意が必要です。そこで、改めてBさんに数字を確認してもらう訳です。二者が数字を確認してくれるだけでも、申告書などの精度を高める事ができます。それにメリットを感じて、Bさんとの契約を検討している方も多いです。

公的機関による税金の調査が心配

ところで事業を営んでいる方々は、しばしば調査を懸念しています。そもそも税金に関する申告を行った後は、公的機関から調査が入る可能性はあります。提出した申告書は、数字が正確であるか疑われてしまう事もあるからです。数字が不自然だと思われた時には、税務調査が入ることもあります。状況によっては、立ち入り調査になる事もあります。そして多くの方々は、税務調査には慣れていません。公的機関の担当者が調査に来ると、困惑してしまうケースも多いです。また調査の内容によっては、追加徴収になるケースもあります。税金が増えてしまう可能性もあるので、調査を心配している方はとても多いです。

税務調査に詳しい専門家に依頼する

上述のセカンドオピニオンは、その調査に関するメリットもあります。そもそも税理士は、税務調査に対応してもらう事も可能です。「税金に関する専門家に対応してもらうだけでも、安心できる」という声も多いです。ただ税務調査に対する対応力は、税理士によって異なります。あまり経験がない方の場合、対応力が不十分なケースもあります。そこで上述のように、改めてBさんという専門家に相談してみる訳です。税務調査に詳しそうな専門家を選んで、税務調査に対応してもらう事になります。実際、セカンドオピニオンを活用しますと、追加徴収などを回避できるケースも多々あります。ですから税務調査が心配な時は、セカンドオピニオンも前向きに検討してみる価値はあります。

記事を共有する